Posted by

0 comments

乾燥肌の人は、普通肌に比べると肌がカサつくので、スキンケアの方法も簡単ではありません。
乾燥肌になるのには、いくつかの原因があり、
まず当てはまるのが、加齢のために肌の水分を保つ機能が弱まってしまうということがあります。
これは、紫外線をたくさん浴びてしまった人ほど危険なものです。特に若年期から紫外線を多く浴びていると、
通常より早く加齢による乾燥肌をになってしまう恐れがあります。
洗顔をしすぎて皮脂を落としすぎていることも乾燥肌の原因になります。
スキンケアを意識しすぎるために、顔を洗いすぎている人もいるのです。
皮脂は顔の油分で、ある程度は残しておかないと肌の水分が逃げやすくなります。
しかし、洗顔方法を間違うと、残しておかなければならなかった皮脂まで洗い流してしまいます。
乾燥肌とは肌の水分が蒸発している状態なので、まずは水分の蒸発を抑えることを考えなければなりません。
洗顔で洗いすぎないようにすることや、洗顔後の保湿を念入りに行うことを実践しましょう。
化粧水のみで終わらせてしまわず、乳液や保湿クリームなどを使い、
丁寧なスキンケア方法行いましょう。
保湿成分として有名なヒアルロン酸やセラミドが配合されているスキンケア化粧品を使えば、
乾燥肌の状態が少しずつ良くなります。

乾燥肌な私は、白髪を染めるのも一苦労です。なんせ市販のカラートリートメントは刺激が強すぎます。天然成分の白髪染めを使っていますよ。



0 Comments

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする